キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 老朽化の目安といったものはありますか? : 新築そっくりさん専門ナビ

新築そっくりさん専門ナビ

老朽化の目安といったものはありますか?

サイトマップ

老朽化の目安といったものはありますか?

リフォームやリノベーションのやり方、施工時期で住宅の寿命は大きく変わってきます。

その意味で新築そっくりさんなどの専門業者に診断を依頼することは非常に有効です。

いつでも対応してくれます。

◇立場によって異なる改修工事の目安。

住まいの老朽化といっても解釈はいろいろあります。

住宅を販売している大手メーカーでは、100年住宅などとうたいながら、築後10年が過ぎた当たりから系列のリフォーム営業が訪問してきたりもします。

決してインチキな見立てではありませんが、それなら100年住宅という謳い文句は何なのだろうという気もします。

ごく一般的な解釈では、20年~30年です。

20年が経過すると外壁にひび割れが生じ、老朽化が加速します。

30年が過ぎると給排水管が腐食して、漏水による住宅の劣化が急加速します。

◇新築そっくりさんなら依頼しても大丈夫。

新築そっくりさんは、リフォームとリノベーションのプロなので、住まいについての老朽化を正しく見分けるための診断はごく普通の業務として行っています。

立地場所(地域)や地盤・地質のあり方によっても老朽化の違いがあるので、新築そっくりさんなどの専門業者に依頼して診断を仰ぐのは賢明な策です。

◇リノベーションを依頼した方が良い“老朽化の目安”というのは、築後30年です。

新築そっくりさんに依頼して詳しい状況を調べてもらいましょう。

老朽化でもっとも深刻なのは、目に見えない給排水管や配電設備などが痛んでいる場合です。

屋根裏や床下を剥いでチェックする可能性もありますが、総合的な診断を受けておけば安心です。

診断によって必要となれば、引き続きリノベーション工事をお願いしましょう。

ほとんどの業者が、工事後には工事箇所の明細と保証書を付けてくれます。

多くは半年間の無償保証です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

MENU

おすすめアイテム