キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 10年に一度住宅の点検をしたほうが良いワケ : 新築そっくりさん専門ナビ

新築そっくりさん専門ナビ

10年に一度住宅の点検をしたほうが良いワケ

サイトマップ

10年に一度住宅の点検をしたほうが良いワケ

戸建て住宅の場合、持ち主の方針1つで定期点検の期間や有無が決まってしまいます。

しかし放置したままでは後がたいへんになります。

新築そっくりさんなど専門の業者に依頼し、前倒しの点検を行ってもらうのが理想です。

◇定期点検の理想は7年~8年間隔。

戸建て住宅の場合の「10年に一度の点検」というのは、定期点検に属するもので、定期点検の理想は7年~8年に一度です。

10年は少し長い方です。

しかし多くの戸建て住宅の持ち主はこのような点検を受けておらず、雨漏りがしたら直してもらうといった程度です。

本来の目的はそうなる前に修復して家の老朽化を防ぐというところにあります。

もちろん新築そっくりさんでも診断してもらえます。

◇重点箇所は外壁・内壁と屋根。

築10年が経過したときの診断・修復の重点箇所は、外壁・内壁と屋根がポイントになります。

屋根と外壁は、直射日光にさらされるもっとも過酷な条件下にあり、早い時期にひび割れが入ったり、屋根の塗装効果が薄れたりします。

またこの箇所が傷むと雨水によって浸食されますので、家の老朽化を早めることになります。

こまめな点検と修復を行えば工事も小規模で済み、費用も安く済みます。

新築そっくりさんは修復において実績のある会社なので、定期点検だけでも依頼しておきましょう。

【参考リンク】こまめにする? まとめて一気に? 賢いリフォーム計画のポイント

◇点検は「10年に一度」と言わず、7年に一度のペースで行っておきましょう。

お金はかかりますが、早い補修は少額で済みます。

修復や補修にはそれなりの費用がかさみますが、放置したまま不具合が生じたら工事というのでは、レベルがそれだけ大規模化してしまいます。

費用がかさむ上、ヘタをすると仮住まいの用意も必要になります。

早い時期に、新築そっくりさんに相談してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

MENU

おすすめアイテム