キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 不要な部屋のリフォームのポイント! : 新築そっくりさん専門ナビ

新築そっくりさん専門ナビ

不要な部屋のリフォームのポイント!

サイトマップ

不要な部屋をどうするか、リフォームのポイントを考えよう

息子さんたちが独立した後の住戸には、使われなくなった空き室が2階に放置される例が多くあります。

例えばこちら・・・築35年の家 子供が独立し「減築」で2階部分を撤去

思い切って減築を前提としたリフォームを新築そっくりさんに依頼してはいかがでしょう。

◇減築によって老後の家事負担を減らす改修。

改築・増築、リフォーム、リノベーションと並んで、減築という考え方が定着してきたのをご存じでしょうか。

減築とは不要になった 住戸内の空き室をなくして2階建ての家屋を平屋にするといった考え方です。

これによって余分な部屋を掃除したり風通しを良くしたりといった労働から解放され、1日の時間を有効に使うことができます。

また耐震性のうえでも家屋に2階部分の加重がなくなるので有効です。

リフォームの範疇からは超えていますが、新築そっくりさんでも対応してくれると思います。

◇夫婦2人の程よい距離感を創出する住戸。

第1のポイントは減築を行うかどうかですが、それ以外にもバリアフリー、収納スペースの拡張、趣味の部屋の確保などがあります。

夫婦で、別々にできる時間をもつことで、お互いの価値を高めつつ新鮮なコミュニケーションをもてるようになると好評です。

来客が多く、交流が好きというのであれば、リビングダイニングの空間を大きく取りましょう。

耐震を強化しつつ開口部を大きく取れば、日差し溢れる明るい家ができあがります。

◇必要なくなったのに息子さんたちの部屋を保存しておくのは勿体ないことです。

減築を前提に、新築そっくりさんに相談してみましょう。

リフォームでいちばんに考えるべきことは、余分な労力から解放される家を作ることです。

2階をなくしてしまえば、掃除の負担が減るばかりか階段がなくなるので、家庭内事故のリスクも軽減できます。

耐震性が増し、光熱費の節約にも直結します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

MENU

おすすめアイテム